記事の詳細

埼玉県川口市に、川口動物医療センターという動物病院があります。落ち着いた雰囲気の住宅街にあり、JR西川口駅からも近く、また鳩ヶ谷駅からも近いという良い立地に建てられています。駐車場は9台分用意されているため車でのアクセスも可能となっており、ペットを連れての通院も気兼ねなくできるようになっています。

川口動物医療センターは1992年に開設し、当時から2名の獣医で診療を行っています。動物は言葉を発することができません。だからこそ動物の気持ちを汲んであげるため、常に意識していなければなりません。川口動物病院は最新鋭の医療機器を用いた上で、知識やスキルを活かし、どのような患者にも臨機応変に対応できるように尽力しています。動物たちの健康のために、いつでも最適な対処ができるように努めています。

川口動物医療センターは「すべての診察は飼い主様との信頼関係を基盤に」という方針のもと診察、運営を行っています。そのため、ペットはもとより、飼い主とのコミュニケーションも大切にしています。インフォームドコンセントと一般に言われる診察の内容に関する説明をしっかりと行うことも川口動物医療センターの特徴です。飼い主に納得してもらい診察を行うということを繰り返すことで、飼い主との信頼関係が築かれ、安心できる診察につながっているのです。
またもうひとつの特徴として、専門用語をできるだけ使用しないという配慮をしている点が挙げられます。専門的な機関に行った時にまずネックとなるのが「専門用語」ではないでしょうか?「大切なペットのために病院へ行って、丁寧に説明をしてくれてのはいいけど専門用語ばかりで何を言ってるのかさっぱり分からなかった」。こういった事態を防ぐために、川口動物医療センターは、画像・模型・図解などあらゆる方法を駆使した、わかりやすく丁寧な説明を心掛けています。こうすることで、誤解が生じにくく、望んでいなかった治療をしてしまうという事態も避けられるようになっています。

川口動物医療センターでは、犬・猫の診療を専門としています。午前と午後の2部に分かれており、この点は一般的な動物病院と大差はありません。しかし川口動物医療センターは急患への対応がほかの病院と異なっています。基本的には受付をした順番での診察になっているのですが、生命にかかわるような重症であった場合などは、順番が入れ替わる場合があるのです。この点は、急患での利用をする以外の人も、知っておかねばならないポイントではないかと思います。

診療の流れで川口動物医療センターの方針が変わる

ペットは病気にかかると急激に弱ってしまうことがあります。それを防ぐために川口動物医療センターでは、検査内容も細かく行っていきます。そして、診察の内容については飼い主に対して分かりやすく説明を行っていき、なるべく安心してペットの治療を見守ってもらうようにしています。川口動物医療センターでは、インフォームド・コンセントに関するケアについて、充実した説明内容となっています。
病気にかかってしまった時には、たとえ小さな体の異変でも兆候でも見逃すことがないように集中して診察を行っています。しかも一次診療で全てを見いだせるように川口動物医療センターでは徹底しており、その範疇を超えてしまうと判断した時には川口動物医療センターではなく、二次診療を行う病院を紹介してくれます。最善の選択をする際には、川口動物医療センターではどうしてもカバーできない状態も生まれてきてしまうのです。
このような時には、川口動物医療センターではうまく治療ができないのか、そして自分のペットは大丈夫なのかと不安にかられてしまうこともあるでしょう。しかし、川口動物医療センターは分かりやすい説明をする中で、なぜ二次診療に委ねないといけないか説明をしてくれます。専門医を紹介してくれますので、アフターケアも充実していると思っていいでしょう。

有限会社川口動物医療センター
http://www.kamc.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る