記事の詳細

日本人の死亡原因のトップスリーは、がん・心臓病・脳卒中です。
そして、心臓病と脳卒中の発生要因のほとんどが動脈硬化なのです。
動脈硬化は、加齢すると誰でも自然とそうなってしまうものだ、とお考えの方も多いようですが実は違うのです。

動脈硬化になる人は、その生活習慣に問題があります。
ストレス、飲酒、喫煙、偏った食生活、運動不足。こういったものが、動脈硬化の1番の原因と考えられている高脂血症を引き起こし、動脈硬化へと繋がります。

高脂血症(脂質異常症)とは、血中コレステロールや中性脂肪が多すぎる病気のことです。
簡単に言えば、血液中のアブラのことです。動脈硬化になってしまうと完治は難しいですから、通常の生活習慣を律していくことが、最重要になって来ます。

日本循環器学会循環器専門医である埼玉県 循環器科クリニックのこの医師はこう言っています。

あしやハートクリニック
http://ashiya-clinic.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る