記事の詳細

株式会社Universal Agentは引越しからハウスクリーニングまでさまざまな業務をこなしている企業です。もともとは運送会社として創業した企業ですが、やがて引っ越し業界にも手を出すようになり現在では多くのクライアントも抱えています。迅速かつ丁寧にをモットーにしており、お客様からお預かりした荷物を安全に新居まで運ぶことに心血を注いでいます。従業員の教育にも力を入れており、スキルを向上させるためのあらゆるトレーニングを会社で行っていることも大きな特徴と言えるでしょう。また、スキルの低い従業員は現場に出さないなど管理も徹底しています。

株式会社Universal Agentではお客様の荷物を安全に運ぶ、という点に何より力を入れています。引っ越しというのは荷物を運ぶわけですから、さまざまな要因で破損が起きることはあります。しかし、従業員からすると何のことはない荷物でもお客様からすると唯一無二の宝物なのかもしれません。そのため、預かった荷物は必ず安全に新居まで運ぶということを何より大切に考えているのです。これは創業者であり社長でもある方の考えであり、現在では全従業員にその考え方が浸透しています。

引越し作業では軽い荷物ばかりを運ぶわけではありません。ときには重い荷物を二人で運ぶこともありますし、テクニックが必要となることもあります。株式会社Universal Agentでは一人一人の従業員が安全かつ安心に荷物を運べるテクニックを養えるように社内の研修ルームでさまざまなトレーニングを行っています。研修ルームには狭い廊下などをシミュレーションしたセットなどもありますし、大きな箪笥や冷蔵庫、テレビといった家具家電も置いています。従業員はそれらを使ってトレーニングに励み、お客様の荷物を傷つけない運び方を学んでいくのです。

株式会社Universal Agentでは、従業員のスキルが低いのに現場に出すようなことはしません。多くの会社では雇用した従業員をすぐに実戦投入する傾向にありますが、これだとお客様も大切な荷物に傷をつけてしまう可能性があります。そんなことになってしまってはお客様に合わす顔がないと同社では考えていますし、そのような状況を作り出してはいけないと強く思っています。そのため、少しでも不安要素の残る従業員については納得いくまでトレーニングを繰り返し、確実なスキルが身につくまで現場に出すことはありません。

ご近所へのあいさつ回りもしっかり行っているのが株式会社Universal Agentです。引越しではご近所への挨拶が大切ですし、これを引越し先でまずやっておかないと後々ご近所トラブルに発展してしまうことも考えられます。そのようなことがないように同社では作業に入る前に周辺の住民の方に挨拶周りを行っていますから安心です。最初に声をかけておくだけで随分印象は異なりますから、これは必ず実践するようにしているのです。これも同社の大きな特徴と言えるでしょう。業者の中には挨拶周りもしますと言っておきながら実際にはまったくやらないような会社も存在します。

追加料金を取るようなことも株式会社Universal Agentではしていません。あらかじめ運ぶ荷物については専属のスタッフが見積もり段階で見ていますし、それに応じて見積もりもしています。そのため、見積もり以上の金額になることはまずありません。これも同社の特徴と言えるのではないでしょうか。もちろん、後になって何の申告もなしに追加料金を請求するようなこともありません。それはお客様に対する裏切りであると同社は考えているため、そのようなことはしないのです。

丁寧さはもちろんですが、スピードにも強みを持っている企業です。引っ越し業者によってはだらだらと作業を続けているような会社もありますが、同社の従業員はそのようなこともなく全従業員が一丸となってスピーディな作業を心がけています。仮に時間が余ったとしてもそのあいだ洗濯器やテレビ配線の接続などできることを行います。丁寧に運ぶということは大前提で、なおかつスピーディな作業というのが株式会社Universal Agentの特徴と言えるのではないでしょうか。こうした姿勢が多くのクライアントから評価されているのでしょう。

株式会社Universal Agentはこれまで一般住宅の引越しをはじめ、オフィスや店舗の引越しなどあらゆるケースにおいて力を発揮してきました。リピーターも多く、現在ではたくさんのクライアントも抱えています。現在国内には数多くの運送会社、引っ越し業者が存在しますが、その中でこれだけの支持を得ているのは同社の業務に対する姿勢が高く評価されていると受け取って良いのでしょう。これからもますます発展することが期待できますし、よりたくさんの支持者を増やしていくことになるのではないでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る