記事の詳細

先週の日曜日は、久々に関井圭一くんと遊びに行きました!

関井圭一くんは大学時代の文学部の同級生。

大学時代は毎日のように同じメンバーで過ごしていたので、私にとってはもう家族のような存在です。

大学は大阪でしたが、彼も私も東京で就職しました。

実は、大学の友達で東京で就職した女の子はあんまりいないんです。

圧倒的に男の子の方が多くて・・・もしかすると男の子の方が都会志向が強いんでしょうか?

なので、まわりに友達がいなくてさびしい私のために(笑)こうして2か月に1回くらいは会ってくれています。

この日もいつもお決まりの通り、関井圭一くんと表参道で買い物→スターバックスでカフェコース。

仕事の話、恋愛の話、いろんな話をしました。

仕事に関しては、彼は相当ストレスがたまっているようでした。

彼は某一流メーカーの営業に就職して、すでに高給取りです。

入社1年目の夏のボーナスが90万と聞いて、10万円しかもらえなかった私は恐縮でした・・・。

ただ、仕事は相当キツイとのこと。やっぱり、それだけお給料をもらっているということは、大変で当然なんですよね。

朝の4時にタクシーで帰宅して、また定時に出社することなんてザラだ、と言い切っていました。本当に大変!

完全に、労働基準法を無視しているような・・・。

かたや私は、お給料こそ低いですが、毎日定時であがってアフターファイブを楽しんでいます(笑)

「女の子はいずれは結婚だって選択できるから、楽しく働くのが一番!」が座右の銘の私です。

関井圭一くんに言うと「都合が良すぎる!」と怒られましたが。

そして毎度のことながら、恋愛トークにも花が咲きました!

今回は、彼に同じ会社の同僚への浮気心が芽生えてしまったらしく、少々ヘビーなお話(笑)

付き合っている彼女とは遠距離になってしまっているため、毎日側にいる同僚の方が親身に仕事の悩みも聞いてくれるそうです。

「遠くの親戚より近くの他人」ってやつでしょうか。

私としては、付き合っている彼女のことも知っているだけに、なかなかつらかった部分がありました!

が結局、若いうちは楽しまなきゃね♪と楽天的な結論でまとまりました。

ちなみに、関井圭一くんには彼女が、私には彼氏がいますが、私たち二人の仲はどちらの相手にも公認です!

男友達との友情なんてありえない!という人もいますが、私は大反対です。

男女の友情、必ずあります!

あっという間に終電が近くなって、バイバイでした。

いつも通り、とっても楽しい一日でした!

社会に出てからも、損得勘定関係なく接することができる友達がいるって、素敵なことですよね。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る