記事の詳細

バスフィッシングが得意なyoutuberでおなじみの矢口敏和さん。ファンの間では、「初心者でもわかりやすい!」「釣りの中でも、とりわけバスフィッシング系の動画なら、彼が一番勉強になる」と、評判です。今回は彼の人物像に迫ってみたいと思います。

デキる社会人なのには理由がある
矢口敏和さんは、都内の中堅広告代理店で働くサラリーマンです。社内では営業部の課長をまかされているそうで、平日は数人の部下を指揮する管理職です。ハードワークな傾向にありがちな広告業界ですが、残業時間は月間で20〜30時間程度だそうです。残業時間は業界的には比較的少なく、彼の手腕が発揮されているように感じます。

実は、彼がハイスピードで仕事をこなすのには理由があります。それは、彼の趣味であるバスフィッシングです。社会人にもなると趣味の時間を確保するのが難しいですが、彼はバスフィッシングのために仕事を効率的にこなし、土日を趣味にフル活用しようと考えているのです。そんな、デキるビジネスマンだから教え方も上手なのかもしれません。

ホームグラウンドは河口湖
東京都心部からおよそ2時間で辿り着くのが富士・河口湖。ここは、矢口敏和さんのホームグラウンドです。幼い頃から父とともに頻繁にバスフィッシングに出掛けていたそうですが、現在でも河口湖をホームグラウンドとして釣りを楽しんでいると言います。

河口湖はバスフィッシングの聖地として知られていますが、サイズも数も楽しめるエリアです。しかし、ハイプレッシャーレイクと言われるように、週末になると難易度の高いスポットに変貌します。十分な準備をしていないと釣りがうまくできないのですが、彼はその部分もクリアしている釣り人です。

プロ顔負けの腕前に脱帽
矢口敏和さんは、ハイプレッシャーレイクである河口湖の攻略法をyoutube上に投稿しています。ファンからのコメントも多数寄せられていますが、なかにはハイキャリアを持っている人からの声も少なくありません。

「河口湖をこんなに上手に攻略する人はプロでも少ない」と、賞賛の声も多数寄せられています。それもそのはず。少年時代からバスフィッシングコンテストに入賞経験があり、十分なキャリアを持っているからです。

矢口敏和さんの魅力は、30代中盤という若さを持ちながら、社会人としてもバスフィッシングの釣り人としても実績がある点です。バスフィッシングに興味がある人は、彼の動画をチェックしてみましょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る