記事の詳細

池田高雄はソフトウェア開発をしている企業に勤めているシステムエンジニアです。はじめは、別の業界で仕事をしていたのですが、将来のことを考えてキャリアを変えようと思い立った結果、システムエンジニアとして仕事をするようになりました。元々、池田高雄はITに関しては初心者同然であり、ほとんど知識を持っていない状態で転職をしました。しかし、そこから努力を積み重ねたことによって、今ではIT分野のプロフェッショナルとして活躍しています。

システムエンジニアとして仕事をするためには、常に色々な勉強を続けなければいけません。そのため、人によってはかなり辛い仕事となるのですが、元来、池田高雄は勉強をするのが好きな人であり、これまで自分が知らなかったことが次々と登場してくるIT分野の勉強を楽しんで行いました。資格試験の勉強も行い、IT関連で難しい資格を取得することにも成功しています。

仕事でも色々な経験を重ねて、高いレベルの技術や知識を習得しています。そのため、職場では多くの方から信頼されており、華々しく活躍しています。IT業界での仕事を既に15年近く続けており、今ではプロジェクトリーダーを任されています。仕事にとてもやりがいがあり、今の業界に移って本当に良かったと考えているようです。15年この業界にいたとしても、未だに新しい発見をすることが多く、知的好奇心を刺激することができているようです。そのため、現在転職をしようかどうか悩んでいる方に対しては、ぜひとも積極的に新しい道へ進むべきだとアドバイスをしています。

一昔前はこれからITの時代が来ると言われていましたが、今でもITの重要性はまったく変化していません。むしろ、これからは昔想像されていた以上に、IT業界は必要とされており、どんどん新しい技術が登場しています。システムエンジニアとして仕事をしていると、最新の技術に触れる機会が多いため、その点が今の仕事の一番の楽しみであると池田高雄は語っています。

今では企業の中でもかなり重要な存在になっていて、大きなプロジェクトに関わる機会も多いようです。プロジェクトが成功した時に味わえる感動は、他のものでは絶対に経験ができないことだと池田高雄は力説しています。これからも今の業界の中でさまざまな仕事を行い、楽しみながら仕事をやり続けたいと考えているようです。池田高雄は現状に満足することなく、常に自分のスキルや知識を高めようと努力している人です。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る