記事の詳細

最近テレビでよく見かける弁護士と言えば大渕愛子なのではないでしょうか。彼女のルックスだけ見るとモデル、あるいはタレントさんかと思うかもしれませんが、彼女は弁護士です。東京弁護士会に所属している弁護士で、2001年より弁護士として活動しているれっきとした弁護士です。弁護士ですから喋り方はとても落ち着いていますし、法的見地から正しい意見を言えますので、テレビでも引っ張りだことなっています。弁護士のイメージを変えた人間と言えば、他にも挙げられるかと思いますが、彼女はテレビに出ている弁護士の中で今一番存在感の大きな人だといえます。

大渕愛子は、弁護士の女性は地味という印象を変えつつあります。弁護士というと誰もが司法試験を通過したと知っているため、どうしても「堅苦しい」「話しても負ける」といった先入観を持ってしまいますので警戒してしまう人も多いものです。ですが大渕愛子は確かに知性的ではあるものの、知性でガードを固めている訳ではありません。メディアで見かける大渕愛子は従来のような堅苦しい弁護士ではなく、明るくとっつきやすい弁護士としての地位を確立しつつあるのです。弁護士と言っても様々なタイプがありますが、どうしても世間では知的イメージから堅苦しい存在との認識が強いのも事実です。もちろん彼女もとても知的です。ですが知的さを前面に出すでもなく正しい法知識を分かりやすく説明してくれていますし、弁護士特有のプライドの高さもあまり感じないものです。また、ゆるキャラが大好きすぎて部屋にはキャラクターグッズがたくさんあるといったようにかわいらしい一面があります。

弁護士という堅い職業であるにも関わらず、さまざまな魅力があるために視聴者からの支持も高く、テレビ出演や公演も多々あるのです。もちろん法律の後援会も行いますが、「赤ちゃんの写真の撮り方」等のショーまで行いますので、とても親しみやすいキャラクターです。テレビで見かける事が増えているのも、弁護士としてのニーズよりも親しみやすいキャラクターが、実は弁護士だからというそのギャップによってもたらされているものだからなのです。彼女のブログを読んでみても、法知識がなければ楽しめないようなブログではなく、ペットの事を書いてくれたり栄養の事が書かれていたりと、弁護士としてではなく、一人の女性のブログとして楽しめるものです。大渕愛子は弁護士でありながら親しみやすい。これが彼女がメディアから引っ張りだことなっている理由なのでしょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る