記事の詳細

1つの企業を見る時に判断するのが儲かっている企業なのか、儲かっていない企業なのかを判断する事があります。この時に注目するのが各利益になります。企業の利益はいろんな名称がつけられており、売上総利益、営業利益、経常利益や当期利益などいろんな名称があります。

前者の売上総利益と営業利益に関しては、企業が毎期経常的に活動した成果と考えることができる利益です。後者の経常利益は非反復的な日経常的な活動をした成果を含めた利益と考えることができます。どちらも企業として得ることができる利益ですが、注目したいのが営業利益となります。

この営業利益は、企業が活動する主な取引による成果なので、投資家として注目する利益の1つとなります。東理ホールディングスは、当期予想として利益を得ることが期待できる企業となっています。そのため儲かっている企業と判断することができます。

東理ホールディングス
http://kabuyoho.ifis.co.jp/index.php?sa=report_tpx&bcode=5856

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る