記事の詳細

株式会社髙陵社書店東京 出版社のお気に入りの本が、株式会社 高陵書店にはあります。
それが『37歳中卒東大生』です。

教師の父親、過干渉の母親に反発し、中学生でのいじめによって高校には行かずに、大検で東大へ進んだ青年の小説です。
自分の居場所のない不安、大検に受かれば何かが変ると思って必死で勉強したという作者です。
でも、彼はもっともっと孤独な人生になっていきます。

一重にコンプレックスを持っていたことから、整形をし、拒食症と過食症を繰り返していきます。
自分を理解してくれる人が欲しかった人生は変らなかった。
それからどんどん孤独が強くなり、そこから立ち直っていく姿が描かれています。

現代はみんな同じようなことを、どこかで感じているのではないでしょうか。
そしてめまぐるしい社会の中での自分の孤独な心が共感できるのかもしれません。
そんなお気に入りの本も出版されています。

株式会社 髙陵社書店
http://koryosha.co.jp/

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る