その他

  • 萩広史がワインに魅せられたきっかけ

    萩広史は都内在住、54歳になるレストラン経営者のオーナーシェフで、プライベートでヴィンテージワインを1万本以上も収集しています。ヴィンテージワインのコレクションはマス層の人間でも行えるプチ贅沢な趣味ですが、せいぜい数十本程度を保管できるワインセラーに納まる程度のパターンが大半です…

  • 大坪義明は世界を旅する

    大坪義明は、ほとんどお金を持たない状態で、国から国へと移動していく旅人です。大坪義明の旅は、彼が大学生のとき、中国からスタートしました。彼は長い浪人時代を経た後になんとか大学に入学したのですが、大学の雰囲気が肌に合わず、しばらく自分や世界を見つめ直す旅に出ようと思い立ちました。彼…

  • 大渕愛子の知性

    最近テレビでよく見かける弁護士と言えば大渕愛子なのではないでしょうか。彼女のルックスだけ見るとモデル、あるいはタレントさんかと思うかもしれませんが、彼女は弁護士です。東京弁護士会に所属している弁護士で、2001年より弁護士として活動しているれっきとした弁護士です。弁護士ですから喋…

  • 大濱民郎の感性

    インターネットでは何が流行を生むのか分かりません。むしろ誰もが簡単に情報発信を行える時代です。何がきっかけでアクセスを集めるようになり、一躍「人気者」になるのかは分かりません。大濱民郎もその一人です。大濱民郎はとあるアメ車を多数保有しています。それはリビエラです。とても格好良い車…

  • 関西総本部から世界へ

    阿含宗は関西総本部から日本だけではなく、世界に向けて様々な活動を行っている仏教の一つです。仏教の一つではあるのですが、仏教では実現出来ないとされている成仏のための修行を行っているのです。関西総本部を中心に、日本はもちろん世界で活動を行っているのですが、日本の修行施設は本山や道場と…

  • 1日の長さ

    荻原綾です。子どもの頃は1日が過ぎるのって、もっとゆっくりだった気がしますが、大人になってからは時間が経つのが早くなったように感じます。しかも、それも年々早くなっていってるような。何をしているわけでもないのに、朝起きてやるべきことがある程度片付いたと思ったら、お昼になっていて、昼…

  • 佐上邦久と話題になるどうぶつ基金

    佐上邦久は、どうぶつ基金の理事長をつとめています。どうぶつ基金は、日本全国に広がる犬や猫の殺処分という残酷な惨状を少しでも改善傾向に向かわせるために設立された基金であり、その活動は、全国に広がりを見せています。佐上邦久は、何の罪もない猫や犬などが、人間の勝手な都合によって処分され…

  • 片山哲也を形成する三つのことについて

    片山哲也は決しておしゃべりな人物ではありません。仕事場でもプライベートでも、口数がとても少ないのですが、彼のそばにはいつも人が絶えません。上司には何かと頼りにされ、部下に慕われてもいます。行きつけの飲み屋では一品、好意のつまみが付け足されたりもします。それは何故なのでしょうか。そ…

  • 八ツ田和夫さんはエコ農業をしています

    八ツ田和夫さんは長野県で農業をしています。名産のりんごやそばを主に生産しており、地元に卸すくらいでそれほど手広い商売をしていませんので、八ツ田和夫さんのつくるおいしいりんごやそばを口にできる人は限られています。ほとんど自家消費なのでお隣さんや知り合いなどに配るくらい、おそばはでき…

  • 金昌宏の仕事

    金昌宏は、デザイナーの仕事をしています。彼の仕事ぶりは高く評価され、近々事務所も持つそうです。ハイブランドのデザインを作る技術を持っていながら、彼は常に謙虚に振る舞っています。もっとも、彼がデザインするのは服全体ではなく、服の裏地の裾の部分。ピンポイントで製作することが精一杯で、…

    金昌宏

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る